Designer

寺岡瞳

青森県出身

大学卒業後、専門学校で洋裁の基礎を学ぶ。

婦人服、子供服の販売員として勤務。

思うようにイメージを形にできないもどかしさから、アトリエ.AKIKO洋裁教室を見学し、美しく効率のよい服作りに感動。

「この技術が欲しい!」という直感で、1か月後には仙台市民となりアトリエAKIKOの生徒となる。

平成26年、技能検定2級合格。現在、1級技能士を目指して修行中。


洋服に対する思い

私のものづくりの原点は家族とのあたたかい記憶です。 

幼い頃、和裁をする祖母の隣で遊び、祖父に買ってもらったきせかえ人形が大好きで、ハンカチや靴下で人形の服を作ったりしていました。母の手編みのセーターが暖かく、こぎん刺しも母から教わりました。私にとって技術とは思いやり、心を表現する手段です。

あったらいいな、こうだったらいいなを叶え、大切な人を笑顔にできる。

より多くの笑顔を生み出せるよう、感性を裏打ちする技術を自分なりに追求していこうと思います。

 

作品

テーラードジャケット(三面体)

技能検定1級の仕様で製作。

 

注目したポイント

  1. 製図-胸ダーツの処理の仕方
  2. 仕立てー毛芯と接着芯の違い
  3. アイロン技術ーくせとり