オーダーメイド婦人服


アトリエ.AKIKOへようこそ

オーダーメイド婦人服・洋裁教室のアトリエ.AKIKO、40年培ったデザイン・パターン・仕立て、また洋服のアドバイザーとして、すべてがお客様のお役にたつと信じています。
オーダーメイド婦人服 アトリエ.AKIKO
アトリエ.AKIKO 3つの事業

Wedding Dress

ウエディングドレス

アトリエ.AKIKOの商品にはそれぞれ物語があるのです。当店のドレスの生地は世界に誇る舶来生地・国産シルクサテンなどを使い、自信を持ってお届けできると確信しております。

Women's Clothing

オーダーメイド婦人服

デザインはお客様が一番輝けるように個性を大事にしながら、お客様の気持ちに寄り添い、一つ一つ丁寧に仕上げております。ご満足いただける逸品をお届けできると確信しております。 

オーダーメイド婦人服

Classroom

洋裁教室

併設の洋裁教室で、手作りを楽しみたい初心者の方から、技術を身につけてプロを目指す方、プロの方、洋服にこだわりを持つあなたに、オートクチュールの仕立ての技術をお伝えします。

洋裁教室

NEWS&イベント情報


2022年10月11日 二日町ファッションデザイナーズ コレクション#7

今年も展示販売会は大盛況のうちに終わりました。お客さまは昨年の倍以上のご来場をいただきました。リピーターも多かったせいなのかお買い上げも倍以上でした。ありがとうございます。お客さまより「年々デザイン力、縫製力が上がっている」とお褒めをいただき「来るのが楽しみ」ということでした。これからも切磋琢磨し努力してまいりますので今後とも二日町ファッションデザイナーズをよろしくお願いいたします。アトリエ.AKIKO 武田彰子


2022年9月3日 名古屋のお客さまより大変嬉しい喜びのお手紙をいただきました。

その一部をご紹介させていただきます。

 「この度はご縁を頂き御社の製品を手に通す機会に恵まれました事、感謝しております。仙台と東京と名古屋の距離を超え、

このように素敵な洋服と出会えましたことは誠に不思議な事でございました。お忙しい中スタッフの皆さまにも出来上がりを

急がせたりとご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありません。今後もこの御縁を大切にし、再度のご依頼をお願いするかと思い

ますが、何卒宜しくお願い申し上げます。皆々様益々のご発展をお祈り申し上げます。」 


2022年9月3日 教室の風景 お盆が過ぎ仙台はすっかり秋風!

3月16日の地震が起きた前日に京都から「ワンピースを作りたい」とやってきたKさん。地震の翌日、帰るのに大変な思いで

帰って行ったはずなのに、又々やってきました。

仙台はすっかり秋風、清々しいとのこと。いみじくも同じ日に昨年6月から受講して今年4月に東京の服装専門学校に入学した 

E君が夏休みの宿題を持ってやって来ました。教室の皆はとても仲良しで良く来たねと大歓迎。楽しんでいました。


2022年7月29日 2022年10月二日町ファッションデザイナーズ コレクション#07 展示販売会の開催について

今秋2022年10月8日(土)~9日(日)にアトリエ.AKIKOの生徒でもある"二日町ファッションデザイナーズ"では通算7回目の展示販売会を開催するための準備を進めています。現在そのプロジェクトにおきまして「まちくるファンド仙台 クラウドファンディング」によるご支援をお願いしております。たくさんのお洋服好きの方々との出会いの場作りにぜひご支援をお願いします!

詳しくはこちらをご覧いただければ幸いでございます。

【まちくるファンド仙台 クラウドファンディング】

 https://machi-kuru.com/fp/70 

 ※現在計画中の「コレクション#07」については「活動報告」ページで準備状況をお知らせしていきます。

  こちらもぜひご確認ください。

  まちくるファンド仙台 最新の活動報告

  https://machi-kuru.com/crowdfunding/activities

 

【二日町ファッションデザイナーズ コレクション#07】(展示販売会)

 日時:2022年10月8日(土)11時~18時、9日(日)10時~17時

 場所:せんだいあきち Base Garden(仙台市青葉区国分町3丁目1番15号 IINE仙台ビル2F)


2022年7月29日 お着物をお洋服にお仕立てし直し

2022年5月の連休前に着物をお洋服にするお仕立てについてテレビの取材を受けました。その番組を見てくださったという

お客さまがご来店くださいました。今年10月の結婚式にお手持ちの着物をお洋服にお仕立てし直して着たいというご用命の

ご依頼でした。


2022年7月5日 お洋服のお話が多くなってきました

真夏の暑さにうんざりしながらもコロナウイルス感染の収束の兆しが見えてきたからなのか、音楽家の皆さまの大小問わずのコンサートが企画されるようになったのだそうです。また、一般のお客さまのお洋服のお話も多くなってきました。

アトリエ.AKIKO(私)は既成の洋服を製作するよりお客さまのドレスコードをお聞きし、体型、雰囲気に合ったデザインを考え、お客さまと共有する、こういう洋服作りを目指してきました。

洋服作りは大変だけれど大好きなのだと思えるのです。一作品終えるたびに疲れ果てるのだけれど次の作品に取り掛かるとモチベーションが高まってくるのです。このご時世、大好きな洋服をお仕事に出来て、仕事があることに喜びを感じています。

スタッフ一同 ”前進あるのみ” と思えるのです。


2022年6月10日 アトリエ.AKIKO通信教育のご案内

アトリエ.AKIKOではかねてよりご要望いただいていた通信教育をはじめることとなりました。デザインについては生地をかえることで四季をとわず必要とされるデザインをセレクトしました。通信教育をはじめることにあたりデモンストレーションとして講習会を開催しました。とても好評で喜んでいただきました。これまで洋服作りに興味はあったけれど教室に通うことは難しい、面倒くさい、どうせ出来ないと思っている方にもぜひ洋服作りを楽しんでいただきたいのです。ギブアップした人にはアトリエ.AKIKOが受講生に代わりお仕立てします。

詳しくはこちら



2022年6月2日 オーダメイドのお話

去年の今頃、東京からご注文のお電話をいただきました。ときはコロナウイルスとオリンピックの真っただ中。コロナウイルスのワクチン2回の接種と、オリンピックが終わらなければ東京に出かけることができませんでした。ご注文いただいてから3か月後の9月末にようやくお客さまにお話を伺うことができて、5点のご注文をいただきました。東京に4回の仮縫いに伺いました。出来上がりの中にまち針が入っていたというご指摘をいただきスタッフ共々大変反省いたしましたお仕事でした。

今回またそのお客さまから7点のご注文をいただきました。まち針の件があったりして仕立て屋はいっぱいあるのだからご注文の連絡はないと思っておりました。おかげさまでこのたびあらたに7点のお洋服をご注文いただきました。とてもうれしくスタッフ一同より一層こころを込めてお仕立てすることを誓い合いました。

オーダメイド/生地



2022年4月22日 2021年度パターン教室卒業

4月18日に卒業生とお食事会を開催しました。

2022年度のパターン教室は4月11日より受講開始となりました。今年は3名が受講します。

詳しくはこちら

                                                 過去のイベント情報


アトリエ.AKIKO 最新作品情報

オーダメイド

ウエディングドレス

ウエディングドレスのご注文をいただきました。トワールで組み立ててウインドへ。多くの皆さまに見ていただくことで幸せが舞い込むのだそうです。24日の仮縫いが楽しみです。お待ちしております。

(2022年9月) 

オーダメイド

テレビで着物のお洋服のご紹介をいたしましたらご依頼をいただきました。留袖、一つ紋黒羽織、紬長着をリメイクいただきました。

留袖はドレスに仕立てました。こちらは数年前から当店のオリジナルとして一番人気の留袖ドレスです。

(2022年10月)

 

オーダメイド

1つ紋羽織でワンピースとしてもコートしても着れる一点。衿とカフスは羽裏で仕立てて取り外しができます。(2022年10月)

 

オーダメイド 

紬長着はアンサンブル(ワンピースとジャケット)に仕立てました。(2022年10月)


秋はコンサートのシーズン

(2022年9月)

アトリエAKIKOではコンサート衣装のご注文をいただいております。その一部、3点をご紹介します。

 左端と中央のドレスは椿姫のお衣装が出来上がりました。

 ブラウンのドレスは100年位前のドレスでシルクで繊細なレースが施されており、レースの部分は触るだけで破れてくる程繊細でこのたびお袖を新しいものに取り換えました。

 


オーダメイド

東京のお客さま

左から

コートドレス2種

ワンピース2種

(2022年8月)


オーダメイド

東京のお客さまから高校、大学と同じ学校だったという大親友をご紹介いただきました。私は仙台、ご紹介いただいたお客さまは名古屋。東京のお客さまのお宅での仮縫い。とても楽しい時間を過ごせたことに感謝でした。(2022年8月)



セーターのリメイク

20年前にとても着心地が良くて大好きなカシミヤのタートルネットセーターをワンピースに仕上げました。詳しくはこちら

お客さまの手の骨折

そで下を大きくあけてケープのように仕立てました。

詳しくはこちら

オーダメイド 

ベストとスカート

4月にいつもお世話になっている会計事務所の新入社員の制服をお作りいただき、このたび衣替えに合わせて夏制服のご注文をいただきました。(2022年6月)

詳しくはこちら

 

オーダメイド

着物地のお洋服

(2022年8月)



ブログ


Akiko-Style

“Akiko-Style”は、オーダー婦人服、ウエディングドレス、ユニバーサルウエア等、服飾のメインストリームを歩むアトリエ.AKIKO、オーナーデザイナー・武田彰子の作品を、また別の角度からご紹介するページです。

「アトリエ.AKIKOと仲間たち」

2017年6月、アトリエ.AKIKO開設20周年を記念して開催した展示会「SENDAI COUTURE」。実際に展示された、アトリエ.AKIKOの洋裁教室に通う約70名の内、46名の生徒が制作した作品をご紹介します。

「婚礼衣装について」

アトリエ.AKIKOが取り組んでいる「あなただけのウエディングドレス」。今回は婚礼衣装についての歴史や人々の想いを調べてみました。

                       続きを読む


「音楽家と舞台衣装について」

対談「音楽家と舞台衣装について」

声楽家として仙台市内を中心にオペラなど精力的に活動するとともに後身の育成にも励むなど多忙を極める「北村裕子」さんとの対談の記録です。

「男の洋裁」

アトリエ.AKIKO洋裁教室在籍の3名の男性生徒さんに武田彰子さんを交えた座談会の記録です。

 

参加者それぞれの立場から、洋裁の魅力、アトリエ.AKIKOの魅力を語っていただきました。

                       続きを読む