お直し

お直し · 2020/06/29
捨てられない、捨てたくない洋服!昔の生地の良さに改めて感動!生地が良いので10年、20年過ぎてもステキに蘇るのです。 ピンクレッドのスーツをジャケットにリメイク。上衣の胸のあたりにも虫くいがありましたので黒のレースでおしゃれに生まれかわりました。

お直し · 2020/06/26
捨てられない、捨てたくない洋服!昔の生地の良さに改めて感動!生地が良いので10年、20年過ぎてもステキに蘇るのです。 布の宝石といわれるGANDINI(ガンディーニ)の生地でつくったテーラードジャケットをお袖を外し、ベストにしました。 二十年位前のものですが、しっかりとした生地なのでリメイクしてもなお、型崩れがありません。

お直し · 2020/06/26
捨てられない、捨てたくない洋服!昔の生地の良さに改めて感動!生地が良いので10年、20年過ぎてもステキに蘇るのです。 スカートからワンピースに仕立てました。 残布を取り外しができる衿に仕立てました。

お直し · 2020/06/26
捨てられない、捨てたくない洋服!昔の生地の良さに改めて感動!生地が良いので10年、20年過ぎてもステキに蘇るのです。 スカートとして着ていました。残布があったのでワンピースに仕立てました。

お直し · 2020/06/11
15年前、裾にプリーツを施したデザインのスカートを2019年秋、冬のプレタとしてワンピースにデザインしました。紺色の上質のウールを使用、裾にプリーツ、袖の一部にレースを施しました。当店の商品につきサイズ、ネック、ラインの調整は無償でさせていただきます。

お直し · 2019/05/08
アトリエ.AKIKOの4つの事業の一つ 『洋服お直し・リメイク』 去年来、当店で「お洒落な紳士と言えばS様」と暗黙の了解のごとく納得するお客様がいらっしゃいます。初めてのご来店の時に『他店では難しいと言われた』とのこと。「そういう仕事、好きですね。』と私。それ以来ご来店頂いています。...

お直し · 2019/05/08
「30年前に父がイギリスで買って来て、父が着て弟が着たバーバリーのコートのサイズをお直しできますか?」とのご依頼をいただきました。いつもながら今回のコートに対するお洒落な紳士のこだわりをお聞きしました。今回のコートの想いは「そこそこクラシカルさを残す」とのことでした。試着していただき話し合いの結果、身頃を左右で4㎝計8㎝を詰めることにし、ラグラン袖の肩幅を詰めそれに伴い、袖の幅袖山の調整をしました。それから着丈を3㎝短くしました。 とてもよくなったと喜んでいただきました。 クラシカルさを残しつつ今風のデザインになったコートをご覧ください。今回の写真はお直し後の写真ですが、ご本人より、ビフォー・アフターの写真を載せたらどうかとご提案をいただきました。次回はビフォー・アフターをご覧いただけるよういたします。

お直し · 2019/05/08
20数年前のバーニーズニューヨークのコートでした。とても気に入っているのだけれど体に合わなくてずっと着ていないので今時のシルエットに直してほしいとのことでした。いつもながらお洒落な紳士はこの頃のパンフレットを持参され、「このぐらいのシルエットで」とのご要望で、アームホールをはずして肩幅を狭くし、後ろ中心を縫い込むことでベンツを作り、衿付けも作り直し、前のパネルライン、脇線、後ろのパネルライン、丈を短くして体に合わせたシルエットに修正しました。

お直し · 2019/05/08
旦那様の形見のお品のラグランコートをぜひご自分でお召しになりたいと当店にお持ちになりました。他店ではラグランコートは難しいからと断られたそうです。 当店ではお客様のどのようなご要望にもお応え致してきました。今回の紳士用ラグランコートから女性用のラグランコートへのサイズ直しもお引き受けしました。...

お直し · 2018/06/25
見た目にもとてもおしゃれな紳士が、「お直しもやっているの?」と尋ねてきてくださいました。「お直しも、やることになりました。何なりとご用命下さい」とお話した後日、高級pブランドの数年は経っている上質なポロシャツの肩幅2㎝、身幅全体で3㎝の詰めをさせて頂きました。お袖を外し肩幅と身幅を詰めお袖を付け直して納品させて頂きました。お客様には気に召さなければ何時でもお出掛け下さい。とお話しいたしました。数日が経ってのご来店に、pブランドのパンツのシルエット詰めと渡り巾詰めのご依頼でした。その時に他店との違いをお褒め頂きました。感謝

さらに表示する